治療方針


【萌木堂の治療方針】

①鍼灸施術には、西洋的手法、東洋的手法、その2つを組み合わせた3つの手法があります。どの手法にも強みと弱みがありますが、当院では特に東洋的な見方で施術にあたります。

②東洋的な手法の中にも様々な流派が存在しますが、当院では流派にはこだわりません。主に日本で発達した鍼灸の考え方を元に、全身の状態を見ながら、患部だけではなく身体全体のバランスを整える鍼灸をいたします。

 

鍼灸施術の具体的な流れ】

症状や状態により若干の違いはございますが、大まかな流れは変わりません。

 (1)仰向けにて四診、手足のツボの施術

 (2)うつ伏せにて頭、腰、足、背中の施術

 (3)座位にて、肩、頭の施術

 (4)仰向けにてお腹、首、頭、の施術

 (5)最後に状態の確認のため、四診

 

【使用する鍼と灸について】

 写真はこちら

・鍼は使い捨てのものを使用しております。使い終わったらすぐに破棄し、使い回すことはいたしません

・鍼は患者さまに合わせ、太さ、長さを変えて行います。敏感な方には、てい鍼というささないハリもありますのでご安心ください。(マイルドに効きます)

・灸はもぐさを直接皮膚に乗せ、線香で熱くない程度まで燃やす、伝統的なやり方で行います。背中などの広い範囲は、もぐさを皮膚に近づけて温める、温灸を使って行います。